《看護部理念》

看護•介護のプロフェッショナルとしての責任を自覚し、常に最善を尽くす努力をする。

 

《看護部目標》

1:『観る眼』を養う。。。フィジカルアセスメント能力の向上

2:『知る心』を養う。。。その人らしさの追及•コミュニケーション能力の向上

3:『差し伸べる手』を養う。。。看護•介護技術の向上、事故防止

4:『チーム力』を養う。。。他職種との連携•カンファレンス

 

《看護単位と看護体制》

  • 病棟:41床 障害者施設等一般病棟 10対1
  • 病棟:19床 一般病棟          
  • 外来:内科•肝臓内科・外科•消化器内科•脳神経外科•人工透析外科•リハビリテーション科・(専門:もの忘れ外来)    
  • *内視鏡検査•手術室•訪問診療•訪問看護も含む。
     
  • 〈看護方式〉
  • チームナーシング+一部機能別
  • 〈病棟勤務体制〉
  • 2交代制 (日勤 8:30〜17:00  夜勤 16:30〜9:00)
  • 〈夜勤体制〉
  •  看護師 2名(又は3名) 看護助手1名(又は2名) *1病棟あたり
  • 《看護体験セミナー》

  • 『まだ仕事をしたいけど、ブランクがあって心配』という潜在看護師の皆さんや『資格を取得したけど実際に病院でどんな仕事をするの?』と思っているヘルパーの皆さんに当院で行っているケアの実際や仕事の一部を見て頂く事で、安心して再就職の準備が整えられるよう、サポートしております。
    • 開催日時
    • 参 加 費:無料
    • 随時予約制:看護師•看護助手共にご希望日の3日前迄にお申込下さい。
    • 時   間:10:00〜16:00(ご都合に合わせて時間短縮なども可能です。)
    • お申込方法:お電話にて011−898−2151(看護部:”宮武”まで)
    • そ の 他:制服、昼食はこちらでご準備致します(*履物はご持参下さい。)
    •    
      • 主なプログラム:看護師
      • 1:当院の医療•看護部の紹介
      • 2:医療安全に対する取り組み
      • 3:院内感染に対する取り組み
      • 4:褥そう対策に対する取り組み
      • 5:看護必要度について
      • 6:院内の案内(手術室•内視鏡室•透析室など)
      • 7:看護技術体験(採血•サーフロ針の刺入などの注射•CVポート、経管栄養(PEG)の取扱い)
      • 8:医療機器体験(輸液ポンプ、シリンジポンプ、生体監視モニター、除細動器、人工呼吸器、
         ベットサイドモニター等の取扱い)
      • 9:緊急蘇生•急変時の対応

        • 〈主なプログラム:看護助手〉
        • 1:当院の医療•看護部の紹介
        • 2:医療安全に対する取り組み
        • 3:院内感染に対する取り組み
        • 4:褥そう対策に対する取り組み
        • 5:介護技術実習(おむつ交換、体位交換の方法、シーツ交換、車椅子やストレッチャーへの移動、
           及び移送方法、特殊入浴介助など)